降格・左遷などはむしろラッキーだった!

ライフ

©ぱくたそ

前回、「人事考課で高評価を獲得する方法」の最後で、「人事考課で高評価を獲得してよかったも悪かったもない」と書いた件です。

むしろ自分の働き方を変えたり、見直したりするチャンスかもしれない。

降格・左遷って単なる環境にすぎない

評価は単に環境でしかないから、その環境をどう受け止めて、どう行動に反映させるかで、その後の人生が決まる。

くさってしまうか、何らかの転機と捉えるか。

そして、転機と捉えれば可能性が見えてくる。

  • 今までのやり方じゃダメなんだからなんとかしよう!
  • 他の働き方もあるんじゃないか?と視野を広げてみる
  • 副業してみる
  • 思いっきり趣味に走る
  • 少し休めって神様が言ってくれてるかもしれないから、やる気が出るまでのんびりしてみる
  • もう転職チャレンジだ!

タダで給料もらって3ヶ月休んで要職に復帰!

羨ましすぎ!

なんにもしないのに給料もらえるなんて最高じゃん!

降格後3ヶ月後くらいに、急にお呼びがかかって、別部署の要職に復帰してました。(^-^)

 

私の以前お世話になっていた会社の同期が、一時いわゆる窓際族になってしょんぼりしてたんですよね。部長→人事部付でした。

たまに励ましの会なんか開いてあげて、話も聞いてあげてました。

もう会社行っても何もすることがないし、有給たんまりあるからちょいちょい休んでる。平日の休みは昼間から家の近所をふらふらしてるから周りの目が気になる。。。なんてぼやいていたのに。

そんなこともある!

定時帰りに気兼ねがなくなって副業成功

時間ができてそれを全部ブログ作成に突っ込んで大成功した方いらっしゃいましたよね!

もう、役職なんてついたらますます責任があるように感じて、雰囲気的に定時で帰りづらくなるじゃないですか。。。

でも、降格なんだから、もういいや!かーえろっと(^-^)

ってなるじゃないですか!

可能性が広がりますね。

前向きな行動に移そう!

さっさと切り替えて、前向きな行動に移そう!

行動あるのみ。

そこにはとんでもないラッキーが潜んでいるかも!

人事考課が悪かったときに、同じ仲間と毎日呑んだくれてグダグダ愚痴言ったり、まあたまにはいいかもしれませんね。

でもそんなことに時間を使うのは意味ないから、切り替えましょう。

まとめ

いかがでしたか?

降格・左遷もまんざらではないよね。

一見悪そうな出来事も環境でしかないから、捉え方次第でチャンスになる。

だからクヨクヨせずに上向いてやろう!

PS

そもそも、今の世の中、終身雇用も完全に終わってて、正社員って何?って思っています。意味ないじゃん。その話はまたの機会に!

 

コメント