また聴きたい!懐かしの吹奏楽の名曲5選

ライフ

©ぱくたそ

今日から2017全国吹奏楽コンクールが開催されるんですね!

普門館じゃないんだ。。

中学から大学まで吹奏楽漬けだった私が懐かしの5曲を選んでみました。

ロバート・ジェイガー「ジュビラーテ」

いやー、懐かしすぎ!

中学2年の時の課題曲でした。

ジェイガーといえば、「シンフォニア・ノビリシマ」とか「交響曲」とか好きなのはたくさんあるんですが、私的には「ジュビラーテ」が好きです。

アルフレッド・リード「アルメニアンダンス・パートⅡ」

リードといえば、「パンチネルロ」とか「オセロ」とか、うわー懐かしすぎるわ!

「インペラトリクス」を中学2年の時の自由曲でやったなぁ。

保科洋「吹奏楽のためのカタストロフィ」

カタストロフィとはなんぞや?とことなをしらべたなぁ。

途中のはやいとこがカッコよくて、おわりのほうのピッコロかフルートの旋律もいいですよね。

昔よく聴いた浜松工業の演奏がYouTubeにあがってました。

ネリベル「2つの交響的断章」

私パーカッションだったので、ネリベル作品は打楽器がヒーローになるれるので、うれしかったです!

「フェスティーボ」とかよくやったな。

1979年全日本吹奏楽コンクールの市立川口高校の演奏は、ある意味、楽譜無視のめちゃくちゃ感満載ですが、生で聴いてたらすごかったんだろうなぁと思います。

シュミット「ディオニソスの祭」

めちゃむずかしいといわれた曲ですよね。

銚子商業の演奏で、演奏終了直後に間髪いれずに「キャー」と入っている録音、何度も聴きました!

当時の銚子商業吹奏楽部、めちゃくちゃすごかったです。

まとめ

以上、「また聴きたい!懐かしの吹奏楽曲5選」でした。

っていうか、懐かしすぎて、YouTubeで書きながら聴いてました。。

コメント