「2001年宇宙の旅」スターチャイルドとなった地球

シンギュラリティ

©ぱくたそ

なんか妄想ですが、そんな気がします。

2001年宇宙の旅

2001年宇宙の旅

アーサー・C・クラークのSFです。子供の頃に読んだな。

映画も見ました。最後、スターチャイルドで終わるやつです。

当時は意味不明でした。。

ネットがすでに脳化している

インターネットがすでに脳のようになっていると感じています。

日本でネットが拡散したのが1999年2月のiMODEではなかったか?と思いますが、ほぼ同時期ですね。

そこから約20年を経て、世界中がネットでつながりました。

まるで脳細胞がつながった感じ。

HAL9000とは?

2001年宇宙の旅に出てくるコンピュータHAL9000。

これは、地球のネットそのものではないでしょうか?

そして、船長ボーマンは我々人間ということになりますかね?

地球はスターチャイルドになった

ネットが張り巡らされ、アルファ碁ゼロのようなAIが出現し、Googleによって世界中の情報が整理される。

すでに地球はスターチャイルドになったようです。

そして、ようやく産声をあげたといった状態でしょうか。

これからネットをどう使って育てるかが、人類のこれからを決めるんでしょうね。

 

こちらもどうぞ

THE SINGULARITY IS NEAR
書評です。ちょっと前に読んだ本です。 概要 発明家でもあるレイ・カーツワイル氏が、コンピュータが人間の脳になっていき、その能力が人間を超えるという理論をまとめたもの。 人間の最後の発明は超コンピュータであり、以降はその超コンピュー...

コメント