人はみんなクリエイター ブログ記事作成とコンテンツ作成は同じ

ブログ

©ぱくたそ

私はクリエイターであり、アーティストである!っと言って、アプリやスタンプやブログやサイトを作っています。

クリエイターやアーティストとしてどう生きるのか?とがむしゃらにやっているけれども、そもそもみんな人はコンテンツクリエイターだよね!って気がつきました。

コンテンツを生み出すまでの流れ

なんか表現したい!おれもこういうの作りたい!発表したい!

実現するためにスキルを磨く、練習する

コンテンツ作る

発表する

アプリ開発&配信における、今の俺のスキルは?

  • Unity
  • C#
  • Eclipse
  • java
  • Objective C
  • Xcode

動くスタンプ開発&配信における、今の俺のスキルは?

  • Gimp
  • Unity
  • C#

ブログは?

  • WordPress

コンテンツのつくりはすべて「スキル」の上に成りたっている

アプリでもスタンプでもなんでも「スキル」があって、その上に「表現」が乗るという構造。

だから、何を伝えたいかがあって、「何をスキル」に伝えるか?という構成になっている。

スキルを磨くのは、このため。

ブログも小説もコンテンツのつくりは同じ

ブログも小説も「伝えたいこと」があって、「文章」「言語」というスキルの上になりたっている。

考えてみれば、人の発する「ことば」や「しぐさ」はコンテンツじゃぁないか!

その人が発する「ことば」や「しぐさ」も、それぞれ「言語」だったり「からだを動かす」というスキルの上になりたっている。

だから、人はみんなコンテンツクリエイターなんだよね。

発する「ことば」で人を勇気づけたり、幸せにしたり、悲しませたり、苦しめたりもする。

する「しぐさ」で、人に喜びや、はずかしさとか伝わる。

価値のあるコンテンツクリエイターでありたいし、そのためにスキルを磨く

振り返れば、うまくいかないことがあってしょぼくれたり、そういうのも自分がアウトプットするコンテンツ。

それに触れた家族や仲間が、あんまりいい気持ちにならないなら、そういうふうに振る舞わないようにしなきゃだし、そういうこともスキルなのかなと思う。

価値のあるコンテンツクリエイターでありたいし、そのためにスキルを磨く。

 

何が言いたいかというと、ふれた人が、少しでも何かプラスに感じてくれるようなコンテンツクリエイターでありたいなぁと、思います。

 

 

 

 

 

コメント