売れてる人は、基本、「制作数が多い」 ブログ運営では記事数 ひたすら書く

ブログ

フージー(@fuujii__)です。

っていうか、togetterって凍結されてんの?

 売れてる人は、基本、「制作数が多い」

ぷらぷらWEB見てましたら、togetterにたどり着きまして、そこでバーバラ・アスカさんという方のまとめを見て、そうだよなぁと思いました。

やっぱり、数打たないとね。

私の脳の中に刻まれている名もなき人の語録(忘れただけですが。。。)に

誰でもできることを、誰もできないくらい続ける!」

っていうのがあります。

スタンプでも、めちゃくちゃ数リリースしてる人はやっぱりすごいもんな。

高 吉宏 さんとか。

今見たら、2877件だって、すごすぎる。

俺の150なんてカスだな。。

バーバラ・アスカさん語録

  • 基本、売れてる人ってのは、「製作数が多い」てのは、最低条件なんですよね……。制作数というのは、ある程度までは、才能のなさも、運の悪さも、すべてをカバーしてくれるのです。ヘタでも作っていれば、必ずうまくなるのです。
  • 作るのをやめてしまえば、必ずヘタになります。 だから、クリエイターでいたければ、作るのをやめないでください。あ、趣味なら、作りたいときに作る、で全然いいんですよ。でも、職業として(兼業でも)クリエイターを名乗りたいのであれば、です。
  • 売れっ子でないクリエイターの収入は、作品数に正比例する
  • タンス原稿や死蔵した作品は、世間的には「作品」とは見なされません。ただのゴミです。
  • 今、あなたが、素晴らしい作品を作ることができないのであれば、恥を忍んででも、「駄作」を発表するべきです。

ってことで、やっぱり、ひたすらに、ただひたすらにアウトプットするだけ

とにかくアウトプットさえしていれば、うまくなる。

絵でも文章でも。

ひたすらにアウトプットする。

アウトプットだけに価値があって、それ以外何者でもないのだなぁと思う。

 

こちらもどうぞ

続ける人だけが勝つ理由 ブログ運営をひたすら続けてみる
©ぱくたそ 結局は続けた人が勝つとよく言われますが、ちょっと理論的に考えてみました。 続ける人だけが勝つ理由 続けることで、ノウハウがつく 続けることで、技術レベルがあがる 続けることで、周辺の知識がつく 続ける...

 

コメント