Unity書籍でとても参考になった本

アプリ

フージー(@fuujii__)です。

新しい技術に取り組む際にはいつも5冊くらい本を買います。

本屋さんで片っ端から手に取って、中身を見て、できるだけ簡単なものを1冊(「小学生でもできるアプリ開発!」みたいな本)と、サンプルが一通り載っているものなどを選んでいます。

Unityで一番参考になった本

Unityで一番参考になって今でも手元に置いてある本です。

・Unityではじめる2Dゲーム作り徹底ガイド(大野功二さん著)

何がいいかというと、丸っとゲームが作れる内容になっています。

プロジェクト作成から、ユーザデータの保存、音楽の再生などのFrameWorkがまとまっていて、すぐに使えました。

特に使えた章

  • CHAPTER 13 サウンドとSEをつける
  • CHAPTER 14 ゲームを完成させる

このあたりを読むとゲーム以外のアプリとしてのフレームを丸っと作れます。

自分的には要素技術は後からでもよくて、それよりも早くパッケージ化してアプリをリリースしたかったのでとても役にたちました。

コメント