どうにかお金を稼ぐスモールビジネス戦略

ライフ

いや、もう、稼ぎたいでしょ!

ビジネス書ばかりの読書趣味ですが、書評です。

毎月、読書で結構な額使ってまして、kindleなんですが、今月から見直ししてkindle unlimitedにしてみました。月額¥980-です。

で、一冊目。

概要

  • 仕入れですでに利益
  • キャッシュポイントを多く持てるビジネス
  • 一部の人にとっては強烈に痛みがあって必要とされるビジネス

ビジネスとして形作るための基本がすべて網羅されているビジネスを形にするのがキモといった内容でした。

そうだよなぁ。。

著者:中村裕昭さん

自分のビジネスでの実例から、うまくいったノウハウや思いなどの本です。

放置自転車ビジネス

会社員、受託など時間を売るビジネスは?

一人当たりの売り上げが上限が決まっちゃってるし、総じて、ビジネスとしてはダメっぽいですね。

しかもストック型じゃないんで、体壊したら終わり。。

 

・仕入れで利益というか無料にはなってる?ような気がする。受託は人雇えばダメだよね。。。

・キャッシュポイントは、1社でしょ?

・一部の人に強烈に必要とされるてるか?

→これは自分にしかできないノウハウがあるか?ってことだよね?。。。なんか管理職なんてなるとダメかも。。だいたい自分辞めても会社なんていくらでも回っちゃうし。。。

 

アプリ配信とかスタンプとかは?

単に物を売ってるだけなんだなぁ。。。う〜

要するに、ビジネスにはなってない。

 

・仕入れは俺の時間だな。。。まあ無料? ん〜、なのかホントに?

・キャッシュポイントは、これもユーザはたくさんいてくださるけど、いろんなものに転用が効かない。。

・強烈に必要か?って言われると、そんなんじゃないよね。大ヒットしてみんなが使ってるなら強烈に必要かもしれない。。。

 

まとめ

私は今、昼間は自分を派遣して時間売り、土日はコンテンツ作りしていますが、これ自体はあくまでも時間を投資したタネ銭作りレベルの話であって、ビジネスにはなっていないよねと改めて実感。

改めてビジネス化しないといけないなと思いました。

ビジネスセンスがなぁ。。。(-。-;

本の最後に、”本当に稼げる人と稼げない人の差は何か?」と聞かれれば、突き詰めていけば「自分は稼いで当然」というセルフイメージを持てているかという点ではないかと思うのです。” との記載が。

最近、これも怪しい気分になってたんで、改めて。

毎日1回、自分を信じて言おう!

 

「俺なら稼いで当然!ネバーギブアップ!」

 

PS

自分の潜在意識は「俺にはできて当然」という刷り込みがされているなぁとつくづく思う。だから、なんとかむりやりにでも形にはする。

だけど、今日から刷り込みを「俺にはできて稼げて当然」に変えた。

これからどうなるか!?

コメント