最果ての地に心がときめくのは私だけだろうか

ライフ

©ぱくたそ

20年ほど前、鹿児島の枕崎からタクシーで海の近くに訪れたことがある。

その時なんとも言えない感覚を身体が感じて、それ以来、最果ての地に行きたいといつも心のどこかで思っています。

宗谷岬、ノシャップ岬

ああ、死ぬまでに一度は行ってみたい!

日本の海岸線をめぐるなんて最高かもしれない。

パタゴニア

なんとも言えない薄暗い曇り空の海辺のイメージ。

地図で見ても、寂寞とした感がただよっていて、行ってみたいなぁ。

宇宙の果て

宇宙の果てを知りたい。

どんなことで光速より早く遠ざかっているの?

そこには何がある?

時間の果て

このまま延々と生き続けて、無限大時間経過したとき、どんな感じなんですかね?

最果ての地に心がときめくのは多分「知」への人類の欲求

最果ての地に心がときめくのは多分「知」への人類の欲求なのだなと思います。

ある意味、「知」を得るために、生きているのだなぁと思います。

 

 

 

 

 

コメント